佐藤 杏菜選手をクローズアップ つま恋乗馬倶楽部(クラブ)

運営会社:株式会社カル・ジャパン

つま恋乗馬倶楽部 

限定50名の新規会員募集開始!←クリックLinkIcon

HOME > 会員様をクローズアップ > 佐藤 杏菜選手クローズアップ

佐藤 杏菜選手

障害から馬場馬術に転向して 全日本ジュニアに挑む! 

 TUMAGOI JUNIOR JUMPING SCHOOLの卒業生でもある佐藤 杏菜選手ですが、現在は馬場馬術に転向して全日本ジュニア馬場に挑んでいます。
馬場を始めて1年あまりで全日本ジュニア馬場のチルドレンライダークラスに出場しました。
今年は競技会の雰囲気に慣れる為参加をしました。
最近ではアルウィンローズとのコンビも合ってきて少しずつ成績をあげてきているので来年の全日本ジュニア馬場チルドレンクラスが楽しみな選手です。

佐藤 杏菜選手×アルウィンローズ号 最近の参加競技会の成績

  • 05/10 SHIZUOKA ホースショー 第3課目 優勝  59.855%
  • 07/18 全日本ジュニア馬場出場
  • 08/22 御殿場馬場馬術競技会2009 Part2 第3課目 B 優勝 56.956%
  • 09/13 SHIZUOKAホースショー 第2課目 優勝  65.000%
  • 10/31 TSUMAGOI DRESSAGE 2009 AUTUMN 第3課目B 優勝 58.695%
  • 11/01 TSUMAGOI DRESSAGE 2009 AUTUMN 第3課目B 優勝 60.434%

佐藤 杏菜選手からお話をお聞きしました。

 私は幼稚園の頃に兄の影響を受けポニークラブに入会しました。
初めのうちは乗馬に魅力を感じることが出来ませんでしたが、小学校1年生から通常レッスンを受け始めたことをきっかけに乗馬に興味を持ちました。そして、小学校4年生からはTSUMAGOI JUNIOR JUMPING SCHOOL に入り、乗馬がどんどん楽しくなってゆきました。
障害は馬と共に障害を乗り越える楽しさがありましたが、中学1年のときに馬場馬術に転向しました。
馬場は見た目が重要なので、障害の時には気をつけていなかった姿勢なども意識しなくてはならず、難しいです。
しかし、そこに馬場の魅力を感じます。練習ではめげそうになることもありますが、馬や友達に励まされてながら日々頑張っています。これからも楽しむ気持ちを忘れずに努力していきたいと思います。

                                                                佐藤 杏菜