日本一に輝いた細川紗恵美つま恋乗馬倶楽部(クラブ)

全日本PartⅡ優勝した 細川 紗恵美選手

細川 紗恵美選手のコメント

乗馬を始めて次第に国体に出たいと思うようになり、高校3年間毎日つま恋乗馬倶楽部に通いました。それでも時間は足りなく、1日5~6頭乗る日もありました。本当に毎日が勉強でした。その結果2回国体に出場することが出来ましたが国体に出場した後、目標が無くなってしまった私はどうしたらよいかわからなくなり、少し馬から離れてしまいました。
 でもやはり馬が好きで馬に会いたくなり乗りにいった時に森本先生から何か目標を持ち、それに向かって努力することで自分が成長できるし、目標がなければ続かないと言われました。私がどうしたらよいのか考えている事を森本先生はわかっていたのです。初めて森本先生が教えてくれた答えでした。その頃、全日本PartⅡが開催される事になり、私にも新たな目標が出来ました。全日本には2回出場しましたが、1回目の時は、思うような結果が出せませんでした。そして2回目の今回ダルコJrで優勝することが出来たのです。優勝できたのは愛馬であるダルコJr、パトローナス、クリアランディングのおかげで、私にとっては大切なパートナーたちです。
それから、サポートしてくれた桜井先生、祐香さん、陶器さん、石野先生がいてくれたからだと思っています。
 全日本では最低目標→決勝に残る、最高目標→ジャンプオフに残る事でしたので、優勝は意識していなく、まさか自分が優勝出来るとは思っていませんでした。

細川選手のご両親のコメント

 全日本PartⅡの優勝は思ってもいない事でした。
優勝が決まった時も、実感がわきませんでした。
皆様からの祝福をいただき、次第に実感がわいてきました。
桜井先生、渡辺さん、陶器さんのご指導のお陰です。
感謝しています。本当にありがとうございました。