本荘 せいら選手をクローズアップ つま恋乗馬倶楽部(クラブ)

本荘 せいら選手

第61回全日本障害Part2決勝まで駒を進めた 本荘 せいら選手×Yエイチマウンテン号

Yエイチマウンテン号と共に全日本ジュニア障害大会2009に参戦
第1競技 ジュニア標準 減点0   67秒52 15位
第4競技 ジュニア標準 S&H   78秒05 51位

ジュニア決勝に出場 減点4 タイム71秒46 15位と好成績を残す。
スタッフが調整のためのM-C級に参戦しポイントを取得したので第61回全日本障害Part2にYエイチマウンテン号で出場
第2競技 中障害D 標準を 減点1 タイム66秒41 12位
第5競技 中障害C S&Hを タイム88秒87 40位
そして!全日本障害Part2で決勝進出の権利を取得という快挙
残念なことに今回は学校のスケジュールと合わず決勝出場を辞退しましたが、本荘 せいら選手にとっては貴重な経験値を得ました。

2009トキめき新潟国体にブギーズZ号で静岡代表として出場
第15競技 少年リレー競技はチーム 59秒78 +4秒 2位
第17競技 少年標準障害飛越競技  63秒22 10位という成績を残しました。

その経験を元にJapan Open 2009 第5戦にYエイチマウンテン号で出場
第18競技 JBミニグランプリ 減点11 タイム81秒17 7位
第28競技 JBミニグランプリ 減点10 タイム66秒91 7位
この時期にすでに、全日本ジュニア障害大会2010ジュニアの出場権利取得にリーチを掛けました。これほどの短期間の間にこれだけのビックタイトルに成績を残した
本荘 せいら選手の今後の活躍には目が離せません。