ヴァーチャル体験乗馬 つま恋乗馬倶楽部(クラブ)

Square_gry_Right.pngはじめての方に、つま恋乗馬倶楽部への入口のご紹介。画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

110629_0431.jpg乗馬倶楽部前 バス停


乗馬倶楽部までは園内バスが便利です。

110629_0432.jpgここを入ります。


エントランスに向かうには、道路からこちらの小径に入ります。

110629_0433.jpg階段を降ります。


階段を下って行きますので、足元にご注意ください。

110629_0430.jpgいらっしゃいませ。


こちらがつま恋乗馬倶楽部の正面エントランスです。

Square_gry_Right.pngランドカー・自転車でおいでのお客様用のエントランスのご紹介

110629_0440.jpgランドカー・自転車駐車場


ランドカー・自転車はこちらに駐車してください。

110629_0442.jpgクラブハウス入口への看板


スロープを下ってゆくと看板がございますので直進します。

110629_0443.jpg喫茶室ポニー看板


喫茶室ポニーの看板を右手に見ながら直進

110629_0445.jpgいらっしゃいませ。


喫茶室ポニー側の入口。受付フロントにも続いています。

110802_0479.jpg

フロントで受付を済ませましょう。

体験乗馬だけでなくふれあいコース・トレッキングコース
ニンジンポニーへのニンジンの販売・喫茶の注文などなど・・・
ご用命はフロントにどうぞ。
スタッフが笑顔で対応いたします。

ニンジンポニーに食べさせるニンジンは
ワンカップ 200円です。
待ち時間にニンジンポニーにニンジンを食べさせながら
たわむれ、いやされてください。

ヴァーチャル体験乗馬 受付編

つま恋園内に入ってからつま恋乗馬倶楽部までの道のりと受付までを動画で見てみましょう。

110802_0448.jpg

乗馬に適したスタイルに着替えます。

体験乗馬をするために、キュロット(乗馬用の長ズボン)
に履き替えたり、足元も乗馬用のブーツに履き替えます。
安全のためにもヘルメットも忘れずにね。
キュロット・乗馬用ブーツ・ヘルメットのレンタル料金は
体験乗馬の料金に含まれています。

今日初めて馬に乗るというFさん
とても初めてとは思えないくらい バッチリ決まってますね。

110802_0451.jpg

DVD講習を受けます。

本日の体験乗馬担当インストラクターと一緒に
DVDを見ながら、基本的なことを学びます。
もちろん、わからないことや 不安なことなど
ご質問がございましたら、何なりとインストラクターに
お話ください。
納得ゆくまでご説明いたします。

次はいよいよ、インストラクターと馬の所に向かいます。
一番ドキドキする瞬間です。

110802_0466.jpg

今日のパートナーとの感激のご対面

思わず 可愛い!と頬ずりしたくなるような
パートナーとなる馬とのご対面です。
ここで、愛撫をしてあげたり スキンシップを
取ることで、乗り手と馬の間に信頼関係が
生まれます。

ヴァーチャル体験乗馬 馬にまたがってみよう編

 まずは今日のパートナーとなる馬にまたがるまでを見てみましょう。

ヴァーチャル体験乗馬 レッスン編

いよいよ、レッスン開始です。
調馬策という、地上のインストラクターと馬をつなぐ長い綱で騎乗者が手綱を操作する代わりにインストラクターが操作するので安心です。

まったく馬に乗るのが初めての女性でも速歩まで体験できました。
※個人差がございます。

ヴァーチャル体験乗馬 馬から降りてみよう編

馬にまたがるときは、踏み台を使ってまたがるから簡単だけど
馬の背の高いところから降りる方が難しいんじゃない?
・・・・と思うかもしれませんが こんなに簡単!
馬から降りたら、パートナーにありがとうのスキンシップをどうぞ。

110802_0474.jpg

クラブハウスで談話

おつかれさまでした。
クラブハウスにインストラクターと戻って
アンケートに答えていただいたり
今日の感想などを話したりと談話します。


110802_0461.jpg

体験乗馬を終えて・・・

 馬に乗っている時間の20分って短いけど、やって見ると良い運動になりますね。
馬に沢山話しかけたり、接したりすると指示に答えてくれるようになり
とても嬉しかったです。
インストラクターがずっと付いていてくれたので安心して馬に乗れました。
軽速歩は難しかったけど、出来ると馬と一体になって気持ちいい。
もっと出来るようになりたくなりました。